バンジージャンプ

竜神大吊橋でバンジージャンプ体験!日本一の高さをレビュー

バンジージャンプ 竜神大吊橋 日本一 飛んでいる人

こんにちは、社畜ブロガーのぽんきち(@ponkichiblog)です。

今回は日本一のバンジージャンプに挑戦してきました!

 

高さは何と…

 

100m!!

 

そんな日本一のバンジージャンプへ行った時の感想、飛ぶまでの流れ、駐車場等のアクセスを紹介していきます!

 

見たい情報のところまで目次で飛ばしちゃうのもあり!

(できれば全部読んでもらえるほうが嬉しいけどね笑!)

 

では早速、バンジーレビューしていきます!!

この記事でわかること
  • バンジージャンプの雰囲気
  • 飛ぶまでの流れ
  • 駐車場等のアクセス

バンジージャンプを飛ぶまでの流れ

今回は茨城県の常陸太田市(ひたちおおた)にある竜神大吊橋で日本一高いバンジージャンプに挑戦してきました。

僕もかなりガクガクしましたが、なんとか飛んできました!!

ぽんきち
ぽんきち
100mとかあほちゃうか?

竜神大吊橋に到着

竜神大吊橋

いやぁ、、、

やっぱりかなり高いっすよ、、、これ。(汗)

 

写真の通り、橋の高さは想像を絶する高さでした!

俺はここから飛ばなきゃならないのか、、、

何度考えても怖い!!

でもせっかく来たんだし飛ばなきゃね、、、(笑)

バンジージャンプの受付

バンジージャンプ受付

橋から振り返るとすぐに、バンジージャンプの受付発見!!

ぽんきち
ぽんきち
ガクガクガクガク

 

もう、かえりてぇ。。。笑

 

わかったから。早く受付するよ!!

イエッサー!!隊長!!!!

バンジージャンプの受付の機械

受付につくと謎の機械出現!!

なんとこの機械で受付をするみたいです。

 

画面がタッチパネルになっており、ぽちぽちタッチし受付をします。

この時に死んでも責任取れません。的な署名もします。

ぽんきち
ぽんきち
認定証を持っている人は受付前に見せよう!写メでもOK!

 

そして受付終了、、、と思いきや。

 

受付の人「では最後に体重をはかります。」

ぽんきち「ななな、なんだってぇぇぇぇぇ!!」

 

写真の機械右下の下駄の上に乗ると体重が計測されます。

そして受付を終了すると、紙が出てきてそこには体重が書いてあります。

 

女性の皆さん!!

体重が書いてある紙が出てきます!!

ご注意を!!

(見られたくない人は必死に隠そう!しかも、服着てるから+4~5㎏増になってるよ!)

 

そして、先ほど印刷されて出てきた紙を受付に渡して、体重ごとに該当するネームホルダーを渡されます。

そのホルダーに体重が書いてある紙を入れて首から下げます。

 

紐の色が黄、赤、青、黒で、黄<黒の順で重さがバレてしまいます。

黒が一番重たいです!

 

僕は69㎏での紐をもらいました!!

手

そしてさらに手の甲にまで体重を書いてきます!

男の俺はいいけどさ、もうちょっとなんか隠す方法ないんかい(笑)

 

このタイミングでカメラマンが撮影してくれる写真パックを購入するか聞かれます。ちなみに僕は飛んだ後に見せてもらった写真がかっこよくて思わず買ってしまいました(笑)

料金は4000円。CD-Rに焼いて写真をもらえます。iPhoneの方だと、携帯にも写真を写してくれます!

いざバンジー会場へ

 

竜神大吊橋

 

ハーネス(安全帯)を装着しいざ橋へ!!

誘導してくれる外国人の背中なんかかっけぇ。と思いながら後ろをついていきますw

 

バンジージャンプ会場

バンジージャンプをするところに到着。これは橋の下にあります。

ここで引き揚げてもらう方法や足の切り離し方等のレクチャーを受けます。

かなり簡単なのでご安心を!

ちなみに竜神大吊橋のバンジージャンプは、できてから一度も事故は起きていないそうです!この点も安心点アップ!

バンジージャンプ いざ参る!!!

そしてとうとう僕の番が来ました。

ドキドキ(笑)

 

足にゴムを装着して準備完了。

そして飛ぶところまで移動します。

「橋からつま先を出して!」

 

怖すぎる指令を出され、恐る恐る足をセット。

バンジージャンプする人の足

 

「じゃあカウントします!」

(もう飛ぶの…?)

 

「カウンダァァァン。」

「5.4.3.2.1…」

(えっ、カウントはやくね…)

「バンジーーーーー!」

 

バンジージャンプを飛んでいる人

 

「ア゛ァァァァァァァァァァァァ」

 

時間にして最下部まで約5秒。

一瞬で下まで行きびよ~~ん(笑)

 

そこからも何度かびよ~んして、地味にそのびよ~んが怖い(笑)

上まで引き上げられ、終わってみると飛ぶ前にガクガクしていたのが不思議なくらいにすっきりしていました。

むしろ、もう一回飛びたいくらい気持ちのいい体験になりました!!

 

最後にハーネスを受付に返すと、見事認定証をいただきました!!

バンジージャンプ認定証

名前も書いてあってすごい嬉しい!!

受付の時に入力した名前が印刷されるから、siとかshiとかちゃんと入力したほうがおすすめです!!

ヒッチハイクする人の手
【体験談】ヒッチハイクに挑戦!名古屋から大阪までつけるのか?!こんにちは、社畜ブロガーのぽんきち(@ponkichiblog)です。 前回の初記事は自己紹介だったので、実質今回が初記事みたいな...

おまけ:かっこいい飛び方

最後におまけでこうやって飛ぶとかっこいい!!

っていう飛び方を伝授します!!

バンジージャンプを飛んでいる人

1.まず両手を広げて立つ。

2.次に目の前にふっかふかなお布団を想像する。

3.そのお布団に両手を広げてダイブ。

※ここでの注意点は絶対に下を見てはいけません!めちゃ怖くなってしまいます。w

 

たったこれだけ、3Stepです!!

この三点を守って飛べば写真のようにジャンプすることができます!

ビビってしゃがみ込むように飛ぶと一番ダサいです!!(笑)

ご注意を!(笑)

料金・アクセスなど

 

料金と営業時間

料金 1回目:16,000円 同日2回目:7,000円 2回目:10,000円(要認定証(写メOK)&身分証明書)
キャンセル料 前日50% 当日100% クレジットカード払いは予約時のみ
営業時間 9:00~17:00(16:30最終受付) 年中無休(気候により休止あり)

料金や営業時間は上記の通りになっています。

夏休み時期や紅葉シーズンは大変混雑するので、予約必須です!!

 

予約はこちら

駐車場とアクセス

〒313-0351 茨城県常陸太田市天下野町2133−6

この住所をナビ等に入力すればバンジージャンプ会場まで到着することができます!

ナビに通り走ってくると大きな駐車場が現れるのでこちらに止めてください!

駐車場この駐車場が空いていればここに止めればいいですが、夏場や紅葉シーズンはこの駐車場がうまってしまいます。 

この駐車場が埋まっていたら、ここまで来る道中に第1~第4駐車場まであるのでそちらに止めて徒歩になります(徒歩約10分)。

お土産ショップ

お土産屋さん

先ほどの駐車場を振り返るとお土産ショップがあります。

1階がお土産ショップで2階がレストランになっているので、バンジージャンプを飛んだ後にご飯を食べてその後の観光に行くのもありですね!!

※バンジージャンプする前に食べるのだけはやめようね!(笑)危険だよ!!

まとめ:実際に飛んでみた感想

バンジーを実際に飛んでみて、飛ぶ前は本当に怖かった(笑)

でも、飛んでしまえば爽快感ばっちりでもう一度飛びたいくらいです!

 

いつかは飛んでみたいなぁ、なんて思っている人は絶対飛んでみてください!

飛んで後悔はしないはず!!

 

じゃ、最後にかっこいい飛び方の復習を終わりましょう!

1.まず両手を広げて立つ。

2.次に目の前にふっかふかなお布団を想像する。

3.そのお布団に両手を広げてダイブ。

以上!!

日本一高いバンジージャンプの体験談でした。

ばいばい!!